狭い部屋でも、ダブルベッドは置けるのでしょうか?

狭い部屋でも、ダブルベッドは置けるのでしょうか?

ダブルベッドを選ぶ時の注意点は下記のリンク記事に書いてますので、ご参考にしてください。
ダブルベッドを選ぶ時の注意点。購入するまでに確認することは?Part1
ダブルベッドを選ぶ時の注意点。購入するまでに確認することは?Part2

ダブルベッドを置くスペースは最低どのくらい?

ダブルベッドを置きたい部屋は何畳ありますか。正確な広さを知ることは大事です。

ダブルベッドを置くのなら4.5畳からが良いでしょう。

4畳の部屋となると約2.5m×2.5mです。
ベッドは入りますが、内開きのドアは使えないでしょう。
引き戸であれば、ギリギリ入る広さです。

4.5畳

我が家の寝室を例に挙げます。

我が家の寝室はL字形になっていて細長い部分はウォークインクロゼット扱いにしています。
実際に寝室として使っている広さは4.5畳です。
4.5畳は、2730mm×2730mmの広さです。

ドアを開ける部分には置くことができません。
ですから実際に使える部分はピンクの部分になります。

4.5畳と聞くとと狭い。ダブルベッドが入るのか?と思われるかもしれません。
実際は寝ることをメインにベッド中心に考えると、さほど不便なく置けた、というのが実感です。

大容量の収納付きダブルベッドを選ぶと、かさばる物もベッド下に片付けることができて省スペースになります。

6畳

上記の記述を読んでも分かるように4.5畳でも睡眠重視、寝るだけで良い、という場合、ダブルベッドは十分機能します。

睡眠以外に用途を広げないのなら6畳は余裕があるくらいです。

ダブルベッドを置くための必要なチェック項目

どんな配置にするのか?

我が家の場合、完成品は階段を通るのが難しいので組立式を購入して搬入しました。

ダブルベッドを設置する場合、2通りが考えられました。

こちらのA、B、2パターンの置き方です。



方向はAでもBでも、どちらでも大丈夫でした。

私は両脇(主人と私の両方)にナイトテーブルを置きたかったのでAの置き方にしました。

このように置くと寝る以外には何も出来ないと思うかもしれないですが実際、寝るだけなのです。

私は個人的に寝ながらテレビを観る等がないので、これで充分です。

ベッド周りで、テレビ鑑賞をしたい、エクササイズをしたい、など寝る以外の用途が欲しい方には厳しいかもしれません。

ダブルベッドを置いても狭く見えない部屋は?

部屋の雰囲気を統一する

色、デザイン、などに統一感があると空間が広く見えます。

まずは寝室の雰囲気を決めます。

ナチュラル、ビビッド、モノトーン、など、ありますね。

お好みで選んでみましょう。

それから、メインカラーを1色決めて、サブカラーや差し色をプラスする、というイメージです。

例えば、ナチュラルで清潔なイメージが好きなのであれば、ホワイトをメインカラーに、ベッドフレームはブラウン系、ベッドカバーに植物柄などのグリーン系をプラスしてみる、などです。

同じ広さの部屋でも多色使いの部屋と色数を抑えた部屋を比べると色数が少ない方が広く、きれいに見えます。

◎ 一見、狭いと思える、お部屋でも工夫次第で快適な、ダブルベッドの生活は出来ます。

収納付きダブルベッド専門店【安康やすやす】