夫婦の寝室。風水で気をつけること

夫婦の寝室。風水で気をつけること

ダブルベッドを置いても広く見える部屋のコツを、お話しました。
ダブルベッドを置いても広く見える部屋のコツは、こちらです。

お部屋を広く見せる効果に鏡を置く、という技もあります。

鏡に景色が映るので実際より奥行きが出て部屋が実寸より広く感じます。

普通に考えれば寝室にも鏡を置けば広く見えていい、と思います。

しかし私は置きません。

なぜなら私の信頼している風水の考え方では寝室に鏡を置くのはNGだからです。

ただ部屋を広く見せるために、ご夫婦の寝室に鏡を置いている方に注意してもらいたいと思います。

置き方に注意しましょう。

他にも夫婦の寝室において避けた方がいいことがあります。

下にまとめましたので興味のある方は、お読みください。

夫婦の寝室に鏡は避ける。

ご夫婦の寝室には大小にかかわらず鏡が置いてあることが多いです。

奥さまのドレッサーや姿見、最近では前面ミラーのワードローブなどもあります。

一見、何ともないと思われる寝室の鏡。

これは風水の見方をすると危険なのです。

寝姿が映る鏡は危険

一番、避けていただきたいのは寝姿が映る鏡です。

寝ているときに、あなたや、ご主人の姿が鏡に映ったままだと

・霊を呼び寄せる
・魂が吸い取られる

と言われています。

一般的には迷信と言われる部類に入るかもしれませんが目に見えないエネルギーに対して理解のある方は「感覚」を大事にして判断してください。

寝室に鏡があって、何となく不気味な感じがする、熟睡できない、などのことがあれば睡眠中は、カバーなどをして対処しましょう。

寝室がトイレの真下にある。

風水では、トイレは不運の場所です。

排泄するところですので陰の場所です。

真下の寝室は陰のエネルギーを直接、受けてしまいます。

トイレの真上にベッドを置いてから、ものごとがうまくいかない、健康に不安が出てきた、などが起こったら位置を変えましょう。

注意すべきは便器の真下です。

寝ている時の位置というのは寝ている方の頭がどこにあるか、を一番重視します。

ですので、便器の位置、頭の位置を考えて、ベッドの方向を変えることでも対処できます。

また、あなたの健康を損なわないようにするのなら、ヘッドボードをつけている壁が、トイレの壁と共有しないようにします。

寝室に女性の絵がある。

ダブルベッドを置いた部屋を広く見せる工夫のひとつに壁の面積を多く見せる工夫があります。

それは寝室の風水を考えても良い選択です。

寝室の壁に絵やポスターは、まったくない方がいいとは言えませんが、ご夫婦の寝室であれば女性の絵は避けてください。

寝室の女性の絵は浮気を呼ぶ

たとえ美しい絵画でも、寝室に女性の絵を飾っていると、ご夫婦の間に第三者の女性が入ってきます。

ご主人の浮気や不倫につながるので飾るのは止めましょう。

絵を飾るのであれば子宝に恵まれる柘榴(ざくろ)の絵を西側に飾るといいです。

ダブルベッドの上に梁がある。

家の形にも流行があって、天井の梁をわざと見せるデザインも、あります。

これは風水の点から見ると、あまり良くありません。

特に寝室においては問題です。

なぜなら、天井の梁は、あなたを突き刺す矢と同じエネルギーを発しているからです。

寝ている時間中、あなたを破壊するものです。

天井の梁が、あなたが寝るダブルベッドの真上であれば梁を隠す工夫をします。

梁のとがった部分が問題なので、その部分を隠すようにします。

布で覆うのが簡単です。

ドレープが出来るので柔らかく優雅に見えます。


これで、あなたの健康が守られます。

この他にも、気をつけることには水槽を置かない、植物を置かない、キッチンの上は避ける、などが、あります。

寝ているときは、あなたの身体も心も解放されて無防備です。

危険を避けて、ご夫婦仲良く健康でいられる寝室にしましょう。

収納付きダブルベッド専門店【安康やすやす】