ダンシングストーンとは?

日本から世界に発信していくダンシングストーン

星の数ほどあるジュエリー。
そのなかでも、ひときわ目立つ揺れるダイヤモンドのジュエリーがあります。

それが

「ダンシングストーン」

です。

ダイヤモンドだけが、なぜゆれるのか。
初めて見ると、とっても不思議です。

でも、その絶え間ないキラメキが本当に美しくて一度、持つと手放したくないジュエリーなのです。

ダンシングストーンは人の鼓動や息づかいなどの、わずかな動きをキャッチ。
ダイヤモンドの細かな振動のエネルギーに変えています。

「あなたの胸で 動き(輝き)出したら 止まらない」

というキャッチフレーズそのままに宝石が、ずっと、きらめきを失いません。

宝石がまるで踊っているような様子から、ダンシングストーンと名付けられたのです。
その動きの細やかさは、とても、エレガント。

ダンシングストーンは宝石のデザインの常識を覆した画期的な発明なのです。

ダンシングストーンを生み出した株式会社クロスフォーの歩み

1980年、土橋秀位氏が山梨県甲府市で宝石の輸入販売会社を土橋宝石貿易の屋号にて創業。

1987年に宝石の輸入販売専門の株式会社シバド(現株式会社クロスフォー)を設立。

1991年、ダイヤモンドにとって一番原石に沿った形から想像したクロスフォーカットを発明。
光のリフレクション効果で宝石の中に十字の輝きをもたせるクロスフォーカットに成功されました。
3年間、研究開発を繰り返された苦労の末だそうです。

2001年、宝石に対しての独自の完璧なカットスタイルが評価され特許を取得。
わずかな狂いでもクロスは浮かびあがらないだそう。
それゆえ、クロスフォーカットはすべてがエクセレントカットになるのですね。

2002年、クロスフォーカットをきっかけに会社名を「株式会社シバド」から「株式会社クロスフォー」に変更。

2010年11月、土橋秀位は常に動き続ける宝石のセッティング方法を発明。
世界で一番煌(きら)めく宝石の作製に成功したのですね。

ダイヤモンド以上に煌めくダイヤを作ることはできない。
それならば何かの機能でキラキラ光らせることはできないのか。

ジュエリーの中に入ったダイヤモンドだけが
振動するように働いたら

どんなジュエリーよりダイヤモンドより
「クロスフォー社が作ったダイヤモンドは世界一輝く」

出典:株式会社クロスフォーホームページより

2013年、独自の留具技術が評価され特許を取得。
ダンシングストーンのライセンス事業が確立しています。

株式会社クロスフォーは、2017年3月、甲府市国母新社屋へ移転し、ますます発展しています。
ダンシングストーンを使うことでジュエリーデザインは無限に広がっているのですね。

私たちは、その恩恵を受けているわけです。
素晴らしい発明に感謝ですね。

これからも続々と魅力的なダンシングストーンのジュエリーが産まれてくることでしょう。
楽しみです。

スウィング ダンシングストーン専門店